婚活して「オシャレ力・女子力」がグンとアップした!

婚活して「オシャレ力・女子力」がグンとアップした!
まず、結婚相談所に登録するまでは自分が「可愛い」と思うものを身に着けることが多くそれほど男性受けを考えていませんでした。

例えばネイルアート。
相談所に登録するまでは私の中でネイルはなくてはならないものでした。

月に1度はサロンへ行き、年齢とともにシンプルなデザインにしていたものの、爪の長さは長い方が手は綺麗に見えると思い、常に長い爪を維持していました。

しかし、結婚相談所に登録するにあたり、結婚相手を探している私にとって長い爪のネイルは百害あって一利なしだと気づきました。
ネイルをしていることで、まず料理ができなさそう、家事をしなさそう、お金がかかりそう、だと思う男性は多く、ネイルを褒めてくれる男性は結婚相談所のような場所には特に少ないのでは思いました。

そのためネイルを辞め、爪は短くカットし、薄いピンクのマニキュアを塗るようにしました。

男性ウケの良いファッションを取り入れる

また、服装やしぐさに関しても婚活や男性受けをテーマにした本を読み込み、その本の著者が開催するメイク講座にも通い、とことん男性受けを研究しました。

一番意識をするようになったのは、どのような男性に好かれたくて、その男性に自分はどういう印象を与えたいか、を考えそれをしぐさや行動、身なりで表すようにしました。

また、結婚相談所に登録したことで、そのことを職場の先輩に話すと自分の知っている人を紹介してくださったり、それまで長らくなかった合コンの誘いもあり、相談所以外での出会いも増えました。

それは自分が「絶対に結婚したい」と周りに伝えたことで、周りの人も協力してくれたのだと思います。そして、実際に結婚相談所に登録する前と後では、男性に対する考え方も変化しました。

無い物ねだりの「憧れ」から、地に足の着いた「現実」の結婚へ

結婚相談所で出会う男性は、それまで出会うことのなかったようなタイプの男性ばかりでした。

新鮮さと同時に自分が本当に結婚をして幸せになるには、「高収入」だけの男性よりも「誠実な」男性と一緒にいる方が幸せだということが身をもって知ることができ、良い意味で自分の価値観に大きな影響を与えるような出来事でした。

それまで、お金だけでは幸せになれないとはわかっているつもりでも、心のどこかで「お金がある人と結婚すれば幸せになれる」と思っていました。

しかし、高収入の男性と出会うことができても、「この人と一生一緒にいたい」と思うような人との出会いはなく、むしろお金があるだけで人を見下したり、自分とは何もかもが合わなかったりと散々な結果に終わりました。

そういう経験を経て、「結婚」に対する目標を明確にしていきました。