デートは遠距離だと交通費と時間の確保で苦労する

デートは遠距離だと交通費と時間の確保で苦労する
お会いした人のほとんどは、お昼頃に待ち合わせをして男性が決めているお店でランチをして、人によってはその後も少しお話しをしたり、夜ご飯を食べに行くこともありました。

お付き合いすることになった男性の1人目は、私から申し込みをしました。

条件的には理想に近く、見た目はそこまでタイプというほどではありませんでしたが、真面目そうだと思いました。

最初お会いした時の印象は、見た目は写真通りで意外と話すと楽しいと思いました。
1度目のデートはランチをした後に、ウィンドウショッピングを楽しみ、私が展望台に行きたいと要望し、一緒に行くことになりました。

その日は夕方頃に解散し、次回お会いする約束をしました。

2回目のデートは交通費が多すぎてがっかり

2回目は庭園にデートに行き、1回目のデートもそうでしたが支払いは完全に割り勘でした。

口では「払います」と言っていましたが、内心は男性に支払ってもらえる方が嬉しいな、と思っていたのに。普通のお食事であればまだ許せますが、2回目のデートは私が相手の住んでいる地域に足を運び、それが県外であったため交通費がとてもかかりました。

そのため、移動時間や交通費を踏まえると、デート代は男性が出す方がスマートだと思いました。

支払い以外の部分では、真面目で誠実な印象をもっていたため、3回目のドライブデートで告白され、お付き合いすることにしました。
最終的にこの方とも結婚には至りませんでしたが、勉強になることもあり、結果的に良い人と出会えたと思います。

ただ、お付き合いし何度もお会いする中で徐々に10歳の年齢差や、自分が「好き」という気持ちにはならず、この人と結婚したいと思う気持ちがないことに気付きお別れすることにしました。

5歳以上の年齢差では、男性が支払いを済ませる

2人目にお付き合いした男性は、相手から申し込みがあり条件的にほぼ自分が求めるような人出会ったうえに、見た目もタイプの男性でした。

その人とはすぐに会うことになり、1度目は仕事終わりに夜ご飯を食べに行きました。実際にお会いしても、悪い部分が見えず身のこなしもスマートでとても魅力的に見えました。

そしてこの男性とも3度目か4度目のデートで告白され、お付き合いすることになりました。

お付き合いすることにならなかった男性の中には、写真と実物が違う方やお会いすると会話が面接のようで楽しくない方もいました。
1人を除いて、その他の男性は年齢が離れていたこともありデート代は毎回男性が支払ってくれました。

年齢が近い人であればまだ許すことができますが、5歳以上離れている男性であればデートは男性が支払う方が好印象だと思います。